伊勢原ひかり幼稚園

学校法人 光明学院 伊勢原ひかり幼稚園 〒259-1133 伊勢原市東大竹1377番地 TEL. 0463-92-8882 FAX. 0463-92-8883
  • HOME
  • ようこそ
  • ひかりの教育
  • 園生活
  • 施設のご案内
  • 子育て支援
  • 入園案内
  • フォトアルバム
HOME > 入園案内

入園に関するQ&A

ひかり幼稚園って、親の眼を通すとどんなふうに見えてくるのでしょうか。在園児のママたちに聞いてみました。入園前に心配したこと、入園してみてわかったこと、卒園後のことなど…、先輩ママならではの体験談に、ちょっと耳を傾けてみませんか。


ひかり幼稚園に入園を決めたのはなぜ?

  • 「ひかり幼稚園は、子どもにいろんなことを考えさせてくれる 」という評判を聞いて興味を持った。今の子は言われたことはできるが、自分で考えて行動することはとても苦手。通園するには遠いけれど、見に来て本当によかった。
  • いろんな設備が整っている。例えば園庭には、ビオトープがあり、田んぼや畑、山や砦…など、子どもが楽しめる工夫がされている。
  • はだし保育がよかった。年長は運動会もはだしになる。ビオトープや川遊び、おいも掘りなど遊び中心の保育に引かれた。
  • 入園前にいくつかの園を体験させてもらったが、この園が一番よかった。先生が子どもに話をするようすや接し方がとてもよく、それが決め手だった。

保育のどんなところがいい?

  • 運動会や発表会で、自分たちで踊りを選んだり、振りを考えたりするところはいいなと思う。製作も、テーマ決めややり方は教えるが、自分で考える時間を持たせてくれる。
  • 遊び中心でのびのび保育だが、遊びの中で勉強していることが多い。ビオトープでザリガニ釣りをよくやっているようで、子どもが家でニボシのつけ方とかを説明してくれる。教室でみんなで飼うことになり、ザリガニのことを図鑑で調べたそうだ。ただ遊んでいるように見えても知識が増えたり、生き物が好きになったりで学ぶことが多い。
  • ザリガニが死んでしまった時のこと、先生が「なんで死んじゃったんだろう」って、みんなでいろいろ考えてみたりして、生き物について勉強になっている。
  • 運動会の創作ダンスはよかった。○○を表現するにはどうしたらいいか、みんなで考え作ったものだから違う。子どもはすごく張り切っていた。
  • 自分たちで作ったじゃがいもでカレー祭りをしたり、お餅つきも自分たちで作った米でやる。落花生やさつま芋も育てていて、収穫して食べる。ボディペインティングも先生が一緒になってやってくれる。体験は豊富な園。
  • 交通安全指導でお手伝いしたが、スライドやビデオで終わらせるのではなく、よく訓練してくれると思った。園庭に道路をセッティングして、傘を差した時の渡り方までやってくれる。避難訓練も、遊んでいるとき、お帰りの時、机を出していないときなどいろんなパターンで訓練してくれる。だから子どもは自分で動けるようになる。

先生たちはどうですか?

  • 作業に入るまでの導入がうまいと思う。子どもとやりとりしながら「どうやったらいい?」と先生は必ず聞いてくる。
  • 先生は園の教育方針をよく理解して保育していると思う。
  • 髪をやたら染めていたりする先生もいず落ち着いている。気になったことは、夜遅くても必ずTELしてくる。
  • 副園長先生は、子どものことをよく見てくれて、お母さんのフォローもよくしてくれる。卒園しても気にかけてくれる。とても話しやすい。

小学校へ行ってみてどうだった?

  • 入学説明会で、自分の名前だけ書ければいいと言われた。小学校の勉強を先取りして教えると「それ知ってる」になって学校の勉強がつまらなくなるそうだ。
  • 小学校は、トメ、ハネ、ハライがすごくうるさい。それを正確に覚えるのは小学校での方がいい。
  • ひかりの年長は、お手紙ごっこをするので、自分の名前はほとんど書けるようになる。相手の名前や文章も書けるみたいだ。

そのほかのこと…

  • 親が参加するものには、運動会、発表会などの行事や懇親会、保育参観(水泳・体育は自由参観))などがある。個人面談も学期に1回、家庭訪問もあるので、わが子の園での様子がよくわかり、相談ごとも気軽にできる。
  • 小学校に行ったら、親は全然行かなくなる。こんなに子どもと関われるのは幼稚園時代しかない。親が来てくれて喜ぶのも幼稚園時代だけ。なんてかわいいんだろうと思う。

top